公益財団法人ニッポンハム食の未来財団

ENGLISH
表示義務がある特定原材料

落花生

表示義務がある特定原材料

特徴と注意点

  • 加熱するとアレルゲン性が増加する傾向があります。特に高温で処理を行うローストピーナッツは注意が必要です。
  • 症状が重篤な人が多い傾向にあります。また、胃酸にも強く反応を起こす性質を保ったまま腸まで運ばれるため、微量でも注意が必要です。
  • 落花生の殻にもアレルゲン性があります。

注意が必要な加工食品(一例)

  • スナック菓子類
  • カレーのルウ
  • 市販のドレッシング
  • 市販のサラダやサンドイッチ
  • カップラーメン

※加工食品にうまみやコクを加える隠し味として落花生やピーナッツオイルが使われることがあります。特に菓子や調味料は表示の確認をしましょう。

食べられない物

  • ピーナッツバター、ピーナッツクリーム
  • ピーナッツクリームを使った菓子パンなど
  • バターピーナッツ
  • ピーナッツが入ったチョコレートやクッキー、せんべいなど菓子類
  • ピーナッツオイル

食品以外での注意点

  • ピーナッツオイルを含むローションなどの化粧品
    皮膚や目、鼻などの粘膜からの吸収による発症が報告されています。

除去する必要がないもの

  • クルミ、カシューナッツなどの樹木ナッツ類は、落花生とは原因となるタンパク質が異なりますので、すべての種を一律に除去する必要はありません。

◆「原材料表示」を良く確認して、加工食品を上手に取り入れましょう。
※症状の有無には個人差がありますので、除去や摂取、食べられる範囲の確認に関しては、自己判断せず、必ず専門医に相談しながら行ってください。

お問い合わせ

当財団事業やウエブサイトで提供している情報に関するお問い合わせはこちらから