日本ハム 食の未来財団

第3回食物アレルギー対応 料理コンテスト 第3回食物アレルギー対応 料理コンテスト

最終審査の結果発表

表彰式

2018年3月18日(日)、女子栄養大学駒込キャンパスにて表彰式・記念受賞パーティーを行いました。今年の応募総数は790作品と数多くのレシピが寄せられ、書類審査・試食審査を通過し 、見事に一般の部、学生の部合わせて20作品が受賞作品に選ばれました。本表彰式では、中でも上位受賞者の皆様にお越しいただき、受賞名の発表、表彰状を 贈呈しました。また、受賞者によるスピーチも行い、作品への想いやこれまでの道のり、将来の夢などを発表いただきました。
ニッポンハム食の未来財団理事長の山田良司は「皆様、本当におめでとうございます 。昨日は興奮で眠りにつけず、この晴れ舞台で皆様とお会いできるのをとても楽しみにしていました。どの作品においてもアイディアやおいしさ、見栄えなど全てが素晴しいものでした。そして何よりも、一つ一つの料理には食物アレルギーを持つ人にお いしく食べてもらいたいという想いが詰まっていて、今も感動で胸がいっぱいです。当財団は“食べる喜びと感動を人々に提供したい”という理念を掲げています。皆様のこの想いを世の中に届けることでこの理念を実現できると思っていますし、当財団 の重要な使命でもあります。これからも、当財団へのアドバイスを頂ければ嬉しく思います。今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。」と表彰式を締めくくりました。

  • 理事長から表彰状の贈呈
  • 上位受賞者の集合写真

一般の部 受賞作品

最優秀賞

とろ~りチーズ&さくさくフレークのライスコロッケ

ウオクニ株式会社のみなさん【兵庫県】


応募者のエピソード
豆乳にレモン汁とゼラチンを加えて溶けだすチーズを再現しました。チーズの味にこだわり、白みそを入れることで風味をだし、チーズ独特のコクを出すために丸鶏ガラスープを加えました。
審査員からのコメント
衣のサクサク感とフェイクチーズの取り合わせが素晴らしいです。チーズ感も充分あり、味つけもおいしく、主菜らしさのあるでき栄えで感動しました。

優秀賞

残りご飯で甘酒ココアムース

小川 真里さん【千葉県】


応募者のエピソード
近年、花粉症関連食物アレルギーで豆乳も使えない方が増えているので代わるものとして甘酒を使用しました。
ムースのやわらかさをだすため卵の代わりに、冷ご飯をペーストにしたものを使いました。
審査員からのコメント
乳や卵だけでなく豆乳も使わずに残りご飯がとてもおいしいココアムースに変身。控えめな甘さで食べやすく、食欲がない日や夏バテしそうな日でもおいしく沢山食べられる、お母さんの愛情を感じるレシピです。

審査委員特別賞

おいしいサモサ

原田 員孝さん【千葉県】

審査員からのコメント
インド料理のサモサに、豆乳チーズを作るところから取り組まれた工夫が素晴らしい。味もさっぱりしていて、子どもから大人まで一緒に楽しめるおいしい一品です。

くまちゃん
プリンタルト

おさんぽ日和Seikoさん【大阪府】

審査員からのコメント
くまちゃんが立体的で可愛い。見ただけでもテンションが上がりますね。体に優しい無添加のものを選び、食材ひとつひとつへのこだわりと食べる人への愛情を感じます。タルトはサクサク、ほのかなバニラの香りふんわり、とても食べやすく工夫されていておいしい一品です。

タルト・オン・ソイチーズ

株式会社テスティパル kidsサポートチームのみなさん【大阪府】

審査員からのコメント
調理(水切り)や材料(白みそ、塩こうじ、レモン)の工夫でまさに「レアチーズケーキ」です。大変魅力的な、今までにない食物アレルギー対応のケーキですね。みんなで一緒に食べたい一品です。

入賞

ポテッと
ポンデケージョ

四位 さちさん【宮崎県】

審査員からのコメント
歯切れの良い食感がクセになる一品で、サッと手軽に作れる点が素晴しいです。材料の配合を変化させることで、もちっと弾力のある生地も楽しめますね。

さあアルザスへ!
チーズの味わいタルトフランベ

米永 基子さん【福岡県】

審査員からのコメント
フランス・アルザス地方の郷土料理という着眼点とアイディアが大変面白いです。生地は更なる一工夫で、パリッとする食感と生地の味わいを楽しめるタルトフランベの完成です。

ポマトdeグラタン

くう*さん【和歌山県】

審査員からのコメント
ポテトとトマトでポマト、ネーミング通り、2つの素材のハーモニーが絶妙です。白みそとアーモンドパウダーがコクと色づけに活躍していておいしい。手に入りやすい絹ごし豆腐を使用したホワイトソースで、給食のメニューとしても活用できる一品ですね。

みんな大好き♡
ウィンナーロール

ひまわりさん【茨城県】

審査員からのコメント
ドウの成型性を容易にするために、一旦ゲル化した寒天を用いるアイディアは試行錯誤の結果と思われます。見た目もいかにも子どもが喜びそうな作品です。パン生地の独特の食感とソーセージのおいしさのハーモニーが特徴的です。パン生地をソフトに仕上げる等、さらなる工夫が期待されます。

サクほろ♡
potaTofuクリームのキッシュ

立和名 亜希子さん【福岡県】

審査員からのコメント
サクサク、ほろほろ軽い食感で、味もバランスがとれていておいしいです。おからやほうれん草が入っており栄養バランスも良く、子どもにとっても嬉しい作品です。主食としてだけでなく、おやつや軽食としても活躍しそうですね。

学生の部 受賞作品

最優秀賞

米粉とほうれん草のタリアテッレ~濃厚パスタ風~

沖中 凛香さん【広島県】
学校名:広島酔心調理製菓専門学校


応募者のエピソード
食物アレルギー対応食だけど濃厚でおいしいパスタを作りたいと思いました。パスタ生地を蒸して一晩寝かせることがポイントです。
審査員からのコメント
カルボナーラのような濃厚なソースに、レモンの皮が爽やかなアクセントになっていて絶品です。ほうれん草のパスタは色もきれいで、とてもおしゃれなタリアテッレに仕上がっています。

優秀賞

虹色ガトー・インビジブル

浦野 有美さん【静岡県】
学校名:常葉大学


応募者のエピソード
切ると断面の虹色の層が見えるワクワク気分を、アレルギーを持つ子も持たない子も大人もみんな一緒に楽しめる一品です。おやつで野菜を取れることもポイントです。
審査員からのコメント
カットすると断面が虹色になっているというアイディアが素晴らしい。味もおいしく、みんなで楽しく食べたいですね。主菜としてパーティーなどでも活躍する一品です。

審査委員特別賞

Sweet Potato
アボカドプリン

山下 裕子さん【静岡県】
学校名:東海大学短期大学部

審査員からのコメント
アボカドでプリンというアイディアが嬉しいデザート。とてもなめらかそしてクリーミーで、新しい食感のプリンが楽しめる作品です。

小麦粉・乳・卵不使用!!
もちっとカリーパイ

多賀 暁さん【広島県】
学校名:広島酔心調理製菓専門学校

審査員からのコメント
蒸してから揚げるという2つの工程を加えることで外側はカリッ、内側は蒸気でふくれあがってパイ風の食感が味わえるのが特徴的でおいしい。中のカレーの辛さを変えることで子どもから大人まで楽しめる作品です。

もっちもち!?
米粉らあめん

Ralphsのみなさん【新潟県】

審査員からのコメント
ポピュラーな人気料理への挑戦が嬉しい。「アレルギーの方にラーメンを食べさせたい」という思いや熱意が、めん、具材、スープ全ての工夫に感じ取れます。家族で楽しむ光景が想像されるほどおいしく完成度の高い一品です。

さつまいもあんの静岡茶大福

中山 実月さん【静岡県】
学校名:静岡県立藤枝北高等学校

審査員からのコメント
生地がなめらかでとてもおいしく、緑色も美しく、地産地消にも有効な作品です。小豆あんの代わりにクリームを入れて目先を変えた点が素晴らしい。クリームは材料の配合を変えることでいろいろな食感を楽しめそうですね。

肉みそたっぷり
旨あじピロシキ

緒方 優里子さん【福岡県】
学校名:西南女学院大学

審査員からのコメント
軽い食感の生地、カリッとした衣、旨みのある具材が一体となり、ネーミング通りのピロシキです。時間がたってもカリッとした食感が保たれて驚きました。

入賞

サクッ!もちっ!
アレルギー対応ベーグル
~Soy!Soy!Sooyっと3変幻~

ザ・ベーグルズのみなさん【神奈川県】
学校名:鎌倉女子大学

審査員からのコメント
ベーグルらしい食感を味わえること、3種の変化を楽しめる点などのアイディアに感動しました。使用する材料にも気を配ったセンスが素晴らしい作品です。

白いモンブラン

柴田 葵さん【大阪府】
学校名:大阪成蹊大学(食ビジネスコース)

審査員からのコメント
栗ではなくじゃがいもを使いなめらかで優しい甘みのクリームでおいしいです。下のカップケーキも簡単に作れる点も素晴らしい。豆乳にバニラや、その他のスイーツらしい香りを加えることでさらにデザート感を引き立たせることもできてバリエーションも楽しめる作品ですね。

和洋ぐるぐるケーキ

KKP-UI
梅田 芽生さん/板谷 綾音さん【長崎県】
学校名:長崎県立島原農業高等学校

審査員からのコメント
可愛らしいネーミングです。かぼちゃと小豆のゴールデンコンビに豆乳クリームがアクセントになっています。見た目も楽しくおいしいロールケーキです。ポイントは生地の水分量ですね。

たくさんのご応募ありがとうございました。
受賞されました皆さまのレシピは、
後日、「料理コンテストレシピ集」に
掲載予定です。
数々のアイディアをどうぞお楽しみに!

2018年度第4回食物アレルギー対応食料理コンテストは
本年7月吉日応募受付開始の予定です。

  • Facebook
  • Twitter