一般財団法人ニッポンハム食の未来財団

食物アレルギーの症状

食物アレルギーの症状

食物アレルギーの症状とはどのようなものがあるのでしょうか。主な症状について詳しく解説します。

多臓器に多彩な症状が出ます

アレルギー症状で、最も多いのが皮膚症状です。呼吸器症状、粘膜症状、消化器症状などの症状も同時または別々に出現します。

図:食物アレルギーの症状

※「アナフィラキシー」の項目をご覧ください。

年齢によって起こりやすい症状のタイプが変化していきます

図:年齢による即時型食物アレルギー

※「アナフィラキシー」の項目をご覧ください。

アナフィラキシー

複数の臓器に強い症状を発症

原因となる食物を食べた後、アレルギー症状が一つの臓器にとどまらず、皮膚、消化器、呼吸器、循環器や神経など複数の臓器に強い症状が現われることを「アナフィラキシー」といいます。

アナフィラキシーの中でも、血圧が下がり、意識障害などショック症状を伴う状態を「アナフィラキシーショック」と呼び、命に関わる危険性があるので、きわめて早急に手当をする必要があります。

病院を受診した食物アレルギー患者の中で、約10人に1人がショック症状を起こしていると言われています。

アナフィラキシーの症状

複数の部位に同時に強い症状が現れた状態。迅速な対応が必要となります。

  • 全身の症状
    ぐったり、意識もうろう、尿や便を漏らす、脈が触れにくい、脈が乱れる、唇や爪が青白い(チアノーゼ)
  • 呼吸器の症状
    のどや胸がしめつけられる、声がかすれる、犬が吠えるような咳、息がしにくい、持続する強い咳き込み、ゼーゼーする呼吸
  • 消化器の症状
    持続する(がまんできない)強いお腹の痛み、繰り返し吐き続ける
  • アナフィラキシーショック
    アナフィラキシーの症状の中でも血圧低下や意識障害などショック状態にあるとき、
    死ぬ危険性が高いので大至急対処しなければなりません。

お問い合わせ

当財団および財団事業に関するお問い合わせはこちらから