公益財団法人ニッポンハム食の未来財団

食物アレルギーとは

食物アレルギーについて正しく知ることから始めましょう

公益財団法人ニッポンハム食の未来財団では、食物アレルギーの起こる仕組みや症状、治療・対策など食物アレルギーに関する基礎知識について、専門家にご協力をいただき情報発信してまいります。

食物アレルギーとは、食べ物を異物としてとらえて起こるアレルギー反応

私たちの体には、有害な細菌やウイルスなどの病原体から体を守る「免疫」という働きがあります。食物アレルギーはこの「免疫」が本来無害なはずの食べ物に対して過敏に反応し、体に有害な症状が起きる状態のことをいいます。

図:食物アレルギーとは、食べ物を異物としてとらえて起こるアレルギー反応

通常、食べ物は異物として認識しないようにする仕組みが働き、免疫反応を起こさずに栄養源として消化・吸収する事ができるのですが、免疫反応を調整する仕組みに問題があったり、消化・吸収機能が未熟だと、食べ物を異物として認識してしまうことがあります。それによって起こるアレルギー反応が「食物アレルギー」です。

食べ物を食べると、腸から吸収されたアレルゲンが血液にのって全身に運ばれるため、眼・鼻・のど・肺・皮膚・腸などさまざまな部位で症状が現われます。食物アレルギーは、食べ物を食べた時だけでなく、触ったり、吸い込んだり、注射液に含まれる食物抗原が体内に入ったりした時にも起こります。

食物アレルギーは主としてIgE抗体によって引き起こされます

食物アレルギーは、一部IgE抗体が関与しない反応もありますが、ほとんどの場合IgE抗体が関与するIgE依存性アレルギー反応です

  • IgE依存性アレルギー反応とは
    食べた後に、皮膚症状(じんま疹など)・咳・呼吸困難・消化器症状などが起きる即時型反応です。
    多くの場合、食後2時間以内に発症します。
  • 非IgE依存性アレルギー反応
    頻度は少ないがIgE抗体を介さない食物アレルギーもあります。新生児・乳児消化管アレルギーがその例です。

食物アレルギーの特殊なタイプ

いずれもIgE抗体が関与しています。

  • 口腔アレルギー症候群
    食べ物を食べると、口の中のイガイガ感、ピリピリ感、口周囲のじんま疹などを生じることがあります。これを「口腔アレルギー症候群」といいます。主として、野菜や果物が原因となり、花粉症を合併することが特徴です。野菜や果物のアレルゲンは、熱や加工処理によって壊れやすいため、これらの加熱された加工品や市販のジュースでは症状を起こさない場合があります。
    しかし、一気に多量に食べると、口腔だけではなく、他の部位にも強い症状が誘発される場合があります。
  • 食物依存性運動誘発アナフィラキシー(※)
    食べただけ、あるいは、運動だけでは症状は発症せず、食後に運動が加わるとアナフィラキシーが起こる、比較的まれな食物アレルギーの一種です。原因食物として小麦製品と甲殻類が多く、運動は比較的激しい運動が引き金となることが多いのですが、散歩など軽い運動でも誘発されることがあります。
  • ラテックス‐フルーツ症候群
    ラテックスアレルギーに果物アレルギーを合併する場合「ラテックス‐フルーツ症候群」と呼びます。ラテックスアレルギー患者の約5割がクリ、バナナ、キウイ、アボカドなどに対するアレルギーを呈します。これらは、ラテックスと果物のそれぞれのアレルゲンの間に交差抗原性があるせいです。
    (※)アナフィラキシーについてはこちらをご覧ください。

食物アレルギー以外のさまざまなアレルギー

食物アレルギー以外にも、アレルギーの原因になるものが日常生活には潜んでいます。

図:さまざまなアレルギー

食物アレルギーの経過

食物アレルギーは子供に多く、年齢が大きくなると少なくなる病気です。即時型食物アレルギーで食後60分以内に症状が現われ病院を受診した患者さんを対象とした厚生労働科学研究班の全国調査では、0歳が最も多く約33%を占め、1歳までが50.7%と受診例の半数以上を占め、 4歳以下の乳幼児が全患者数の70%近くでした。

年齢とともに受診数は減少していきますが、20歳以上の成人も約9%みられました。成人の食物アレルギー患者も全体に占める割合は小さいとはいえ、相当多数存在すると考えられます。

子供に食物アレルギーが多いのは、まだ成長途上のため消化機能が未熟であり、それゆえ、アレルゲンであるタンパク質を小さく分解(消化)することが出来ないことが一つの要因と考えられています。成長にともなって消化吸収機能が発達してくることも、原因食物に対して耐性(食べられるようになること)がつくメカニズムの一つとされています。

卵・牛乳・小麦などは小学校入学前に8割程度は反応を起こさなくなる「耐性化」がみられます。 ピーナッツ・魚介類・果実・ソバ・種子類のアレルギーは、耐性化しにくいアレルゲン食品とされています。それぞれのアレルゲン食品、重症度により個別に経過の観察が必要です。一般的に、幼児期後半以降(成人も含む)に発症した食物アレルギーは治りにくいとされています。

図:即時型食物アレルギーのために病院を受診した患者数のグラフ

出典:「食物アレルギー診療ガイドライン2012」

食物アレルギーと間違いやすい症状

似たような症状でも食物アレルギーではない場合があります。IgE抗体など免疫の働きが関係していない点が大きな違いです。

  • 食中毒
    例)細菌やウイルスなどにより汚染された食品を食べた場合、発熱や腹痛、嘔吐などの症状を発症します。
  • 食物不耐症
    例)乳糖不耐症…牛乳等に含まれる乳糖を消化する酵素(乳糖分解酵素)の力が弱いため、飲むと下痢を起こします。
  • 薬理活性物質
    例)傷みやすい魚の場合、鮮度の低下により魚肉中にヒスタミンが作り出され、その魚を食べた際、皮膚が赤くなる事があります。

お問い合わせ

当財団および財団事業に関するお問い合わせはこちらから